記事一覧

顕微鏡

ROHS指令の新たな課題

2017年よりROHS指令で定める有害物質がる新たに増加されます。これまで、鉛やカドミウムなどの6物質であったのが、フタル酸エステルの4物質が追加されることになったのです。そのため、国内の電子機器メーカーでは、新たなROHS分析に奔走しています。

男性

禁止物質含有チェックとは

ROHS分析は、電子機器などの製品に禁止物質が含まれていないかという検査を行うことができます。専門業者では正確な分析をしてもらえるだけでなく、新しくROHS指令が改正された場合にも即座に対応してもらえるため、安心して依頼することができます。

顕微鏡

欧州に製品を輸出するには

ヨーロッパに電気・電子機器を輸出するうえでROHS指令で指定された禁止分析が含まれていないことをあらかじめチェックすることは必要不可欠です。そのためには検査機関が提供しているROHS分析サービスを利用するのが有効となっています。

女性

ROHSに対応する方法

欧州連合が定めたROHSに対応するには、製品をROHS分析して、危険な物質が規定の含有量を下回ることを宣言しなくてはなりません。欧州だけではなく、日本を含めた他の地域でもROHS対応が求められるようになっていますので、積極的にROHSに対応する必要があります。

女性

分析対象で費用は変化

ROHS分析はROHS指令で規制対象とされた化学物質がどれくらい含まれているかを分析するものです。安全性の確立のために必要性は高くなっています。10種類あり、すべて分析するか種類を絞るかで費用は変わります。

ROHS対応への課題

試験管

ROHS指定物質が追加

現在、日本の企業の多くがROHS分析の作業に追われています。ROHSというのは、電子機器に使用される有害物質の削減を指示したEU連合の指令です。指令の効力はEU圏内に限定されるものの、EUへの輸入製品についても指令が適用されるため、EU向け製品にはROHS分析が必要となったのです。同指令については、2003年に公布され、2006年から施行されています。現在は多くの国内企業がEUを対象としてビジネスを展開しているので、小さな製造部品に対してもROHS分析は手を抜けない状態となっています。ROHS指令が施工された2006年当初は、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、PCB、PBDEの6物質が指定対象でした。その6物質に加え、2019年7月からは、フタル酸エステル4物質が追加されることになります。これまでのROHS分析により、鉛やカドミウムなどは、かなり含有量がすくなくなりましたが、フタル酸エステルについては、今後の課題も大きいとされています。それと言うのも、フタル酸エステルは、プラスチックなどの可塑剤として広く利用されているからです。フタル酸エステルの分析について、現在急ピッチで進めているメーカーも多いとされています。既に制限されている6物質と新たなフタル酸エステルについての分析は、環境保全財団やケミカルラボが請け負っています。それらの組織においての依頼需要も年々増加の傾向を見せています。