記事一覧

禁止物質含有チェックとは

男性

チェック体制の重要性とは

ROHSとは、電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令の略称で、別名は、ROHS指令と呼ばれています。ROHS指令は、EU圏内における規制で、EU圏内で発売される製品に関しては、特定物質の使用が全面的に禁止されています。尚、この規制は、他国から輸出される製品に関しても適用されます。その特定物質とは、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルの6種類です。更に、改正ROHS指令では、DEHP、DBP、BBP、DIBPのフタル酸エステル類4種が追加されました。そこで、製品を出荷する前に、10種類の禁止物質の含有状況のチェックとして、ROHS分析を行う必要があります。また、対象製品カテゴリーに関して、家庭用電気製品から医療機器や制御機器まで幅広く分布していますので、ROHS分析対象となる製品は数多く存在すると言えます。その為、専門機関や分析業者に対してROHS分析を依頼することが、正確で信頼性の高い分析結果の取得に役立ちます。ROHS分析の依頼先を決める判断基準として挙げられるのは、どんな測定機器を使用し、どんな分析方法を採用しているのかという点で、分析料金が明確に示されているかどうかという点も欠かすことは出来ません。その他には、改正ROHS指令にも柔軟に対応出来ているかどうかという点も忘れてはいけません。最終的には、明瞭で分かり易いチェック体制を敷き、規制の変更にも柔軟に対応出来ているところであれば、安心してROHS分析を依頼出来ます。