記事一覧

欧州に製品を輸出するには

顕微鏡

製品分析のポイント

家電や通信機器などの電気・電子機器を製造・販売するメーカーや商社にとって販売先の輸入ルールを把握しておくことは必要不可欠です。なかでもヨーロッパは製品の輸入制限が厳しく、環境に負荷を与えたり、人体に有害な物質を使用している製品については持ち込むことができません。具体的には、RoHS指令において鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニール、ポリ臭化ジフェニルエーテルなどが禁止物質として指定されていますので、欧州への輸出前にはそれらが含まれていないことをしっかりと検査することが重要です。検査を行うためには、ROHS分析サービスを提供している検査機関を利用することがもっとも簡単かつ確実な方法となっています。ROHS分析の料金体系は様々ですが、禁止物質ごとに分析をしてもらえるサービス外にも複数の物質の検査を一括して行ってもらうことができる包括サービスなども用意されていることがありますので、ニーズに応じて使い分けるとよいでしょう。一般的なROHS分析サービスの場合、製品の全数検査を行うことはせず、検体を提供してそれをチェックしてもらうことになります。また、完成版を検査してもらう方法もありますが、より精緻に確認しておきたいという場合には製品工程ごとに部品を提出して個別にROHS分析を行ってもらうというのも検査の実効性を高めるうえで効果的です。ROHS分析をうまく活用して自社製品の信頼性を高めるようにしましょう。